野球文化學會2022年度総会開催報告

野球文化學會2022年度総会開催報告

去る2022年6月18日(土)、15時から17時20分まで、野球文化學會2022年度総会が開催されました。

昨年に引き続き、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から今回もオンライン形式により挙行されました。総合司会は小野祥之理事が務めました。

鈴村裕輔会長による挨拶に続き、15時5分から15時47分までの第1部では定時総会が行われ、2021年度決算案、2022年度事業計画案及び2022年度予算案について検討した結果、いずれの議案も原案通り承認されました。また、2021年度事業報告も併せて行われました。

また、15時55分からは第2部としてトークショーが開催されました。司会は蛭間豊章理事でした。

今回は1996年にシアトル・マリナーズに昇格し、日本人としては村上雅則氏、野茂英雄氏に次ぐ3人目、日本のプロ野球を経ない選手としては初のメジャーリーガーとなったマック鈴木氏をお迎えし、渡米した経緯やマイナーリーグ時代の経験、メジャーリーグを本格的に目指すことになった転機やその後のメジャーリーグでの軌跡、さらに引退後の野球とのかかわり方や現在の活動などが紹介されました。

最後に小野祥之理事の閉会の辞により、総会は散会となりました。

会員募集のお知らせ

会員募集
野球文化學會では正会員を募集しています。
原則として、野球を愛好し、研究や実践に従事される方なら、どなたでも入会の申請を行うことができます。
正会員と学生会員に際しては、原則として1名の推薦人が必要です。事務局までお問い合わせ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA